コーヒー体験記

純粋にコーヒーの味を楽しめる喫茶【1杯のコーヒーとの出会い】

2017年9月 バンコク/タイ

みなさん初めまして!けんとです。

突然ですが、みなさんは今の自分を形作った人生のターニングポイントを覚えていますか?

それは学生であれば進学や習い事、社会人の方であれば就職や結婚など、人生において大小様々なターニングポイントがあるかと思います。

今回の記事では、私の人生のターニングポイントである「タイ留学中の1杯のコーヒーとの出会い」について紹介させていただきたいと思います。

なぜタイ留学??

本題に入る前に、なぜ私が東南アジアのタイへ留学することになったのか?から始めたいと思います。

学部必須の東南アジア留学

私が所属している学部は、東南アジアのタイかマレーシアのどちらかの国に5ヶ月間留学するカリキュラムがあります。それは、「必修」のカリキュラムで必ず留学しないと卒業することはできません。(かなり珍しいと思います笑)

これは、学部創設者の強い思いによって実現されました。つまり、「大学生という若い時期に東南アジアという将来的に世界経済の一翼を担う地域で生活し、そのダイナミックな空気感を肌で実感してこい!」というものでした。(入学当初は、「ふ〜ん」くらいの理解でしたが、今振り返るとすごく納得しています笑)

タイの方が楽しそうと思った

私はタイかマレーシアならどちらがいいかなと悩みましたが、最終的にはタイに決めることにしました。理由は簡単です。⑴食べ物が美味しい(らしい)⑵観光名所がたくさんある(らしい)でした。はい、もはや留学というよりかは観光気分ですね笑

タイってどんな国?

読者のみなさんは、タイに行かれたことはありますか?タイは日本人にとって馴染みの深い国かもしれません。タイへ行かれたことがある方はご存知かと思われますが、タイの雰囲気はもはや途上国とは呼べないほど発展しています。

ひと昔前までは、タイは発展途上国でインフラは未発達で治安もそこまで良くはないと思われていたかもしれません。しかし、近年は首都であるバンコクを中心にして急速に近代化が進んでいます。例えば、バンコクの交通網。バンコクでは道路網が発達しており、日本みたいに綺麗な道路が多い印象があります。また、鉄道も整備されており地下鉄もあります。

1杯のコーヒーとの出会い

私はバンコクにある現地の大学で留学生活を送っていたのですが、ある日バンコクのトンローと呼ばれる日本人街を散歩していた時に入ったカフェで、衝撃的なコーヒーと出会いました。

カフェ・シンフォニー

カフェ・シンフォニーは、トンロー駅からほど近いところに店を構える日本人経営のカフェです。オーナーは星さんという男性の方で、彼は世界各地から厳選して選び抜いたコーヒーをお客さんの希望に合わせてハンドドリップで丁寧に淹れてくれます。

私は、彼が淹れてくれた1杯のコーヒーにとても感動したことを今でも覚えています。それは、タイ北部で作られたコーヒーで、「香りが高く、苦味と酸味のバランスがちょうどいい」コーヒーでした。

私は、今まで缶コーヒーやインスタントコーヒーなどは飲んだことがありましたが、このような奥深いコーヒーを飲んだのは初めてで、このとき人生で初めてコーヒーに興味を持ちました。

カフェ・シンフォニーの外観

カフェ・シンフォニーのマスターである星さんは、カフェだけではなく自転車ショップも兼業されています。お店の外観がカフェ感0%ですが、店内に入るとカフェスペースがありコーヒーをのみことができます笑

カフェ・シンフォニーのメニュー

カフェ・シンフォニーのコーヒーの種類はたくさんあり、自分の好みにあったものがきっと見つかります。お値段もタイのカフェ・チェーンと比べたら少し高いかもしれませんが、タイではなかなかない本格的なコーヒーを楽しむことができます。

このコーヒーについてもっと知りたい

私は、人生で初めて興味を持ったコーヒーが「誰が、どこで、どのような栽培方法で、そしてどのような想いで」作られているのかを知りたいと思うようになりました。

しかし、このコーヒーの情報はインターネットなどで調べてみてもあまり正確な情報はありませんでした。そこで私は、「今タイにいるんだし、コーヒーの生産現場に行き、その地域の実態を調査しよう!」と決めました。(今思うと、かなりぶっ飛んでいたと思います笑)

私は、カフェ・シンフォニーのマスターの「タイ北部で「山地民」と呼ばれる山岳少数民族の人々がコーヒーを作っている」という情報を頼りに、調査を開始しました。

右:カフェ・シンフォニーの星さん、左:けんとです

終わりに

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。今回の記事は、私がタイで1杯のコーヒーに出会い、そこからそのコーヒーに「溶け込むもの」を探究したきっかけとなったエピソードを紹介させていただきました。

私が探究した1杯のコーヒーに「溶け込むもの」についての連載を通して、読者のみなさまに「なにか」を感じ取っていただけたら幸いです。

今後、この記事は「コーヒー体験記」というカテゴリー内で更新していきたいと考えています。次回は、現地調査(フィールドスタディー)の第1弾ということで、現地でコーヒーを自然に近い形で栽培している日本人男性の生産者へインタビュー取材した時のエピソードを紹介したいと思います。

今後とも、よろしくお願いします!

カフェ・シンフォニーさんの情報はこちらから!



ABOUT ME
けんと
けんと
初めまして、けんとです! 都内の大学に通っている大学4年生です。 趣味はサイクリングとコーヒーを飲むことです。 このブログでは、私がタイへ留学していた時に経験したエピソードを中心に連載していきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします!